CO2測定器設置

6畳弱の防音室。
そこにグランドピアノとエレクトーン1台
(カスタム)が入っています。
コロナ前はその中でレッスンをしていましたが、
コロナ禍になってからは、
生徒さんのみ中に入ってもらい、私はその外の
楽器(カジュアルモデル)に座って、
マイクを使ってのレッスンにしています。

実際のところ、人がいる状態で防音室を
締め切ると、中の空気はどんなことになるのか?

防音室は、ロスナイ(換気扇)をつけて
入ることが義務化されているけれど、
ロスナイは外気を入れているわけではないし…

数値の可視化で、安心が増すはず!と
二酸化炭素測定器を購入してみました。

IMG_1650.jpg


TOAMIT 東亜産業 CO2マネージャー 二酸化炭素濃度測定器 温度測定 湿度測定 TOA-CO2MG-001
TOAMIT 東亜産業 CO2マネージャー 二酸化炭素濃度測定器 温度測定 湿度測定 TOA-CO2MG-001

(1週間前に注文した時はもっと安く
なっていたのに…)


普段は、500pmm前後です。
リビングで窓を開けると400pmm位になり、
一人30分のレッスンが終わった後、
防音室内は700~800pmmになります。

今日、大人の生徒さんの1時間レッスンの
後は1000pmmになりました。
その30秒後くらいに撮影したのがコレ。

167947835_3710457125738656_2257358775106943646_n.jpg


1500pmmからは換気をしないと
いけないレベルのようです。
生徒さん一人でも注意
くらいのレベルになっていたので、
私も入ってレッスンするのは
やはり危険だなあと感じました。

また、レッスン終えて換気をするにも、
防音室のドアを開けるだけより
ファンで外に送り出した方が、
やはり数値が下がるのが速いことも
実感できました。

今までのやり方は間違ってなかったと
安心を得ることができました

これから、生徒さんたちも、
数値を可視化でき、
安心していただけると思います

この機種、室度計はちょっと
信用できないです
それはちゃんとしたのあるから良いですが…

飲食店など、各店舗でも、
早くこのCO2測定器が設置されると
良いなあと切望します!

これをやっていけば、
お客さんも安心して行けるだろうにと
より強く思うようになりました。